ギャラ飲みはかなり稼げる!趣味や美容にお金を使えるようになりました

美容 bubble体験談

ギャラ飲みは、男性と一緒にお酒を飲むだけで稼げる、割のいいバイトとして全国の若い女性に広まっています。そんなギャラ飲みに参加している女性のことを『ギャラ飲み女子』と呼びます。

今回は、大阪を中心に注目されているギャラ飲み専用サービス「bubble」に登録しているギャラ飲み女子のチカさん(仮名)にインタビューをさせていただきました。

bubbleのギャラ飲みに参加して稼いだお金をどのように使っているのか、ギャラ飲み女子のリアルな体験談をご紹介します。

『ギャラ飲み女子』の自己紹介

コールセンターで働くギャラ飲み女子

大阪在住のチカさん(仮名)は、フリーターとしてアルバイトを昼夜で2つ掛け持ちしているという22歳です。

「私、とある男性アイドルが大好きなんです。ライブは全通したいので、就職するときに正社員ではなくシフトの融通がきくフリーターを選びました」と話すチカさん。

アルバイトは週5で、昼にコールセンターで夜はガールズバーと、どちらも比較的時給が高いものを選んだそうです。しかし、働いていたガールズバーはコロナの影響で閉店。コールセンターも、いつ出勤停止の日が来るかわからない日々。

「他店のガールズバーに移籍しようかとも思ったんですけど、どこもキャストはいっぱいの状態で……。ライブやイベントは中止になってしまったけれど、CDやグッズを買うために今までの収入を減らすことは考えられませんでした」

ということで、一時期は風俗で働くことも考えたそうです。

そんなとき、コロナの影響で働き口を失ってしまったガールズバーやキャバクラのキャストがギャラ飲みで稼いでいることを知ったチカさん。

現在”夜の街”と称される繁華街の店舗は軒並み営業短縮になってしまい、満足に稼げないキャストは少なくありません。しかし、ギャラ飲みはオンラインもあり短縮営業や営業停止の影響を受けないのです。

「これだ!」と思ったチカさんは、すぐに大阪中心にサービス展開がされているギャラのみ専用アプリbubbleに登録したそうです。

自由に使えるお金が増えた

「今までは生活費を必要最低限に抑えていましたが、ギャラ飲みを始めてから以前よりも余裕ができました!」

そうチカさんは話します。なぜ余裕ができたのか、理由を聞いてみました。

「まず、ガールズバーよりも短時間で高額稼げます。1時間あたりのギャラが、ガールズバーの時給の3倍くらいなので、同じ時間働けば1日で今までの3日分稼げるんです」

大阪にあるガールズバーの平均時給は2,000円です。しかし『bubble』は1時間あたり最低5,000円はギャラがもらえます。それにプラスして、タクシー代としてのお手当を別で受け取れることも少なくありません。

ギャラ飲みではガールズバーと違いドリンクバックは得られませんが、それ以上のギャラが稼げるのです。

「週5でガールズバーに出勤していましたが、週3でギャラ飲みに参加するようになりました。時間に余裕がある日がつくれたため、今までよりコールセンターの仕事にも集中できて、おかげで時給を上げてもらえることになりました」と、チカさんは嬉しそうに話します。

「働く時間は短くなったけれど、結果的に収入はアップしました。今までは生活費をギリギリまで削っていましたが、その必要もなくなって美容や友達との集まりにお金をかける余裕ができたんです」

まとめ

チカさんは、好きなアイドルのライブ動向によっては連日休みが必要になったり地方に遠征するために、フリーターという働き方を選びギャラ飲みをしています。

ギャラ飲みは、短時間にたくさん稼げます。また、出勤ノルマやシフトもないため、自由に参加することが可能です。bubbleは現在、対面は大阪近郊がメインのサービスです。しかし、オンライン飲み会もあるため、家や地方にいながら稼ぐことも可能。

自分のライフスタイルに合った使い方で稼げるのもbubbleの魅力のひとつですよ。

あわせて読みたい記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました