興味本位でギャラ飲みに参加しても1日で10万円稼げる【体験談】

10万円札 bubble体験談

『ギャラ飲み』は、興味本位で登録した女性でも気軽に高収入が狙えます。キャバクラやガールズバーよりも楽に稼げるため、認知もますます上がっていることでしょう。

今回は、大阪メインにサービスを展開しているギャラ飲み専用サービス『bubble』に登録している『ギャラ飲み女子』のサクラさん(仮名)にインタビューをさせていただきました。ギャラ飲みが実際どれくらい稼げるのかリアルな金額を公開していきます。

自己紹介

大学生

大阪在住のサクラさん(仮名)は、4年制大学に通っている21歳です。

「二十歳を過ぎてお酒も飲めるようになってから、様々なことに興味が湧いてきたんです。若いうちにできることは今やっておこう!と思い、水商売についてたくさん調べていました」というサクラさん。

普段はゲームセンターでアルバイトをしているそうで、ノルマやシフトがあるキャバクラやガールズバーは諦め、風俗も少し不安だと諦め、最終的に候補に残ったのが”パパ活”と”ギャラ飲み”でした。

夜遊びや水商売に興味があることを友人に話してみたところ「知り合いはこれでギャラ飲みしているらしいよ」と、勧められたのが『bubble』だったそうです。

興味本位でギャラ飲みに参加したら一晩で10万円も稼げた話

興味本位でギャラ飲みに参加

「潜入捜査みたいな感覚で、1回だけギャラ飲みに参加してみました」という好奇心旺盛なサクラさん。参加したギャラ飲みは、小さなレストランを貸し切って開催されたパーティーです。

「参加している人たちはみんな起業家で、羽振りもよくびっくりしました」

『bubble』を利用する男性の70%ほどが、エグゼクティブ層(経営者や医者など)です。開催されるギャラ飲みは、サクラさんが参加した盛り上がるパーティーから、1対1のデートのようなものまで、様々なパターンがあります。

「20時から参加して、最初は終電で帰ろうと思っていたんです。でも、ラストまでいたらどれだけ稼げるんだろうって思って、結局朝5時まで参加しました。お酒も飲んだし眠いし、体力も気力も限界でフラフラでしたね」

夜遊びや水商売に興味があったとはいえ、実際に経験したのは初めてだったというサクラさん。ギャラ飲みは店舗のサービスではないため営業時間はありません。開催時間も21〜26時がピークであるため、朝までコースのときも。

「後日『bubble』を確認してびっくりしました!途中でもらったチップやタクシー代なども合計すると、10万円以上稼げてたんです!」

『bubble』で開催されるギャラ飲みは、深夜料金や延長料金が加算されるシステムになっています。そのため、当初の予定より長い時間参加することになったら、たくさん稼げるボーナスチャンスです。

「今はコロナのこともあり外出はが心配で、オンラインでギャラ飲みをしています。大学の卒業旅行は海外に行きたいなと考えているので、落ち着いていたら資金集めのためにまた深夜も参加します」

まとめ

今回お話を聞いたサクラさんのように、bubbleはオンライン・オフラインで好きな時間にギャラ飲みができます。家飲みをする男性も多いので、募集があったら参加してみてくださいね。

あわせて読みたい記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました