【ギャラ飲み】bubbleキャストで大人の関係になれる女の子の特徴とは?

bubble攻略法

アプリやサイトなどを使って女の子を気軽に飲み会に呼べることから、男性に人気のある『ギャラ飲み』。

『ギャラ飲み』をして「いいな」と思った女の子と大人の関係、または恋愛関係に発展させたい!という男性は多いと思います。

今回は、大阪を中心に利用できる注目のギャラ飲みサービス『bubble』で出会った女の子と、ギャラ飲みをしたあとに大人の関係に発展させるためにはどうしたらいいのかをご紹介します。

『bubble』で大人の関係になれない女の子の特徴

NGのポーズ

そもそも、ギャラ飲みをする女の子のほとんどは「とにかく稼ぎたい!」「短時間で収入を得たい!」という、お金重視です。

性的なことをせずに報酬を得られることが、ギャラ飲みのメリットだと考えています。

なかには、男性に気に入ってもらいリピートして呼んでもらうため「色恋営業」を行う女の子も少なくありません。ギャラ飲み中に親しく話して距離が縮まったと思っても、それは演技で大人の関係や恋愛関係に発展させる気が全くないということもあります。

色恋営業である女の子の言動には

「あなただけは特別という空気を醸し出す」
「外で会いたいというものの予定が合わない」
「またギャラ飲みで呼ぶように言ってくる」

などが挙げられます。可愛くてキレイな女の子に「特別な男性」と言われると嬉しくもなりますが、そこから大人の関係につながることは少ないでしょう。

『bubble』で大人の関係になれる女の子の特徴

特徴を伝える女性

大人の関係に発展させられない女の子が多いとはいえ、何事にも例外というものはあります。

ギャラ飲みに参加する女の子の中には「とにかくお酒が好き!」「飲み会やパーティーが好き!」という楽しさ重視の女の子や、「お金持ちの男性と出会いたい!」「いろんなコミュニティと繋がりたい!」という出会い重視の女の子もいます。そのような女の子は狙い目です。

チャンスを逃さないためにも、そんな女の子と大人の関係になるにはどうしたらいいのかをご紹介します。

『bubble』で大人の関係に発展させるコツは?

コツをスマホでチェックしているパンダ

①ガツガツしすぎない!

出会って間もない女の子にすぐ肉体関係を迫るのは絶対にやめましょう。

自分が気に入る男性であれば「何回か会った後にデートをしても良いかな」という認識の女の子が大半。そのため「すぐに大人の関係に発展させる」のではなく「時間をかけて信用や信頼を築きあげる」ことが大切です。

いきなり関係を迫っても女の子と大人の関係になれる可能性はほとんどありません。もしリピートをしたいと思ってもNGになってしまったら元も子もないですよね。

ある程度の時間をかけて女の子の信用や信頼を得ることができれば、大人の関係に発展できる可能性は高まるでしょう。

②紳士的な対応を心がける!

『bubble』に在籍している女の子はほとんどが20代です。だからといって、女の子を下に見てしまう、下心を丸出しにする、言葉遣い・対応などが雑になるなど、思いやりに欠ける言動をしてしまうのは、大人の男性として最低の行為です。

初対面での印象が悪ければ、当然ですが大人の関係に発展するなんてことはありえません。

いくら年下の女の子だとしても「お金を払って呼んでいるのだからなにしても良いだろう」などの考えは絶対にやめましょう。

ひとりの人間として、真摯な態度で相手の尊敬の念を持って接することが大切です。紳士的な対応を心掛けていれば、女の子との距離も次第に近付くでしょう。

③自分の話ばかりではなく聞き上手になる!

自慢話や武勇伝ばかり話す男性は、男女問わず嫌われます。お酒で気分がよくなってしまうと、つい、自分自身の成功体験を話したくなってしまう気持ちも分かりますが、グッとこらえましょう。

「成功していて・堂々としていてステキ」と感じる女の子も一握りくらいはいるでしょうが、ほとんどの女の子には「ギャラ飲み以外では会いたくないな」と思われてしまいますよ。程よく自分の話をするのは良いですが、女の子の話にも耳を傾けましょう。

お互いのことを少しずつ知っていくことにより、信用や信頼を得られます。

もし女の子に悩みを相談されたらチャンス!自分の経験に基づいた解決方法などを話したり、ときには聞いてあげるだけでも好感度はグッと上がります。親密な関係への第一歩です。

まとめ

親密な関係になりたいのであれば、時間をかけて信頼と信用を勝ち取ることが大切です。ギャラ飲みに限らず効果的なことですが、これからギャラ飲みを始める男性、ギャラ飲みの女性と仲良くなりたい男性は今日から実践していきましょう!

あわせて読みたい記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました