男性でも簡単にできる上手なプロフィールの見せ方【ギャラ飲み】

プロフィール作成のチェック項目 bubbleのトリセツ

ギャラ飲み専用サービス『bubble』に登録したまでは良いけれど、なかなか女の子とギャラ飲みが成立しないとお困りの男性はいらっしゃいますか?

あなたがマッチングに苦労しているのには、設定しているプロフィールが原因で魅力的に見えていないからということも考えられます。ギャラ飲みとはいえ、マッチングアプリとなっていますので、お相手に謎が多ければ参加する側も不安になります。

今回は、『bubble』でプロフィールを魅力的に見せる方法を紹介しますので、現状のプロフィール画面と見比べて修正していきましょう。

プロフィール画像は必ず設定

男性全身写真

マッチングアプリにおいてプロフィール画像が設定されていない場合、スルーされてしまう可能性が非常に高い傾向です。

「顔に自信がない」
「自分はイケメンじゃないから」

などの理由で写真を設定していないのは逆効果であるため、必ず登録してください。

ギャラ飲みは飲み会を楽しくさせるための夜遊びですので、顔はあまり関係ありません。女性側にはある程度の容姿や体系が求められますが、男性側で見た目重視の審査が行われているギャラ飲みは少ないので安心しましょう。

メイン写真

メインの写真は、自分の顔がしっかり判別できるものを設定しましょう。

キメ顔よりも自然な笑顔の写真のほうが、女の子からの好感度が高いです。しかし、自撮りやプリクラは女の子ウケが非常に悪いため注意。他人に撮ってもらったものを選び、加工せずに設定してください。もし写真が暗い場合は、明るさのみ加工してくださいね。

身バレしたくないという方は、鼻から下の写真など、雰囲気がわかるものをチョイスしましょう。身バレが気になるからといって、他人の画像を悪用したり画質が悪いものを使用したりすることはNGです。

どうしても自分の顔が苦手だという男性は、正面ではなく横顔を載せれば凹凸がはっきりして写りも良くなりますよ。

サブ写真

メインの写真以外に、3~4枚ほど登録しておくのがベストです。サブ写真では全身が写っていて、体型が判別できるものが良いでしょう。このとき、背景や服装は清潔感が溢れるものにしてくださいね。

趣味がアウトドアや旅行である場合、それに関連する写真を設定するとより印象が伝わります。自分を知ってもらうためのアピールが文章よりも簡単にできるうえ、金銭面でも説得力が増すのでおすすめです。

詳細項目はすべて埋める

女の子はプロフィールを隅々までチェックしています。詳細項目は空欄を作らずに、しっかりと埋めることがマストです。

空欄を作らないことで、真面目さや誠実さをアピールできます。ギャラ飲みの場合、飲酒量や喫煙の有無は女性が注視するポイントにもなるため必ず記載しましょう。

また、内容はすべて正確な情報を記載してください。特に年収や身長などはサバを読みたくなるかもしれませんが、後からバレたときのことを考えると素直に記載することをおすすめします。

自己紹介文の見せ方が肝心

スマホで文章を入力する男性

自己紹介文は短すぎず長すぎずの、適度な文章量にしましょう。

短すぎると「テキトーにとりあえず書いたのかな」「怪しくて怖いな」という悪い印象を与えてしまいます。

逆に長すぎても「読むのが億劫だな」「こだわりが強くて面倒くさそう」と思われてしまう可能性も。

理想は、適度に改行を入れてながらの140文字~200文字。スマホの画面に収まる程度の文章量です。ここで重要になるのは”文章の内容”です。テンプレートのコピーや情報の箇条書きではなく、自分で考えた言葉で文章を書きましょう。

次の項目からは、プロフィールに取り入れるべき要素を紹介します。

①必ず挨拶をしましょう

どのようなシーンでも挨拶は非常に重要です。文章の冒頭には必ず「はじめまして」や「こんにちは」と挨拶文を入れてくださいね。その次に「〇〇と申します」と名乗り、ギャラ飲みサービスを利用しようと思ったきっかけなどの話を繋げていきましょう。

②仕事や職業について記載

身バレしない程度に詳しく書きましょう。「やりがいを感じながら働いている」「忙しいけれど夢を叶えられた」など、前向きな文章を追加できるとより良いです。

とくに、収入面で高い人はギャラ飲み女子が集まります。男性は自分のことを話さない人も多いでしょうが、ギャラ飲みのプロフィールではある程度書いておきましょう。ギャラ飲みを利用している女の子は、普段の生活では聞くことのできない話を聞きたいと思っています。

プロフィールである程度の興味を持ってもらえると、マッチングする確率も高くなりますよ。

③趣味や休日の過ごし方について詳しく記載

「仕事の話は専門的すぎて分からないしつまらない」と感じている女の子でも、共通の趣味があると親しみやすそうだなと感じてくれるチャンスです。

できるだけ詳細に書くことで他ユーザーとの差別化もできます。

例えば、「映画鑑賞が趣味」だけでなく

「映画鑑賞が趣味で月に一度は必ず映画館に行きます。アクション系の洋画が好きで、今度公開される〇〇も気になっています」

など詳しく書いておくと、ギャラ飲みだけでなく今後1対1でデートするきっかけにもなりますよ。ただし、長くなりすぎないようにする必要があるので、語るのも程々にしておきましょう。

④長所をアピール

自分の長所をアピールするためには、仕事や趣味に関連させて、説得力を持たせることが重要です。

例えば「営業をしているためトークに自信があります」「留学していたことを活かして海外に出張することが多いため、英語は日常生活レベル以上話せます」など、自慢になりすぎない程度のアピールは「自信のある男性なんだな」と思ってもらえます。

⑤締めくくりの挨拶

結びの挨拶文で全体を締めるのがベストです。「よろしくお願いします」だけでも良いですが、それだけでは少し味気ないですよね。

締めくくりの前に

「一緒に美味しいお酒を飲みに行きましょう」
「楽しい飲み会にしましょう」

などの一言をプラスして、どんなギャラ飲みが求められているのか、女の子が想像しやすくなるようにしてあげられると良いでしょう。

こんな文章はNG

NG文章

ギャラ飲みアプリでは、募集の妨げになっているNG文章があります。あなたの印象を落としてしまう原因にもなっていますので、使用している人は修正していきましょう。

①ネガティブな発言

「勧誘目的の人はごめんなさい」
「会う気がないならメッセージしないでください」

などの、マイナスの印象を与えてしまう否定的な文章は避けましょう。

「容姿に期待しないでください」

「話が面白くなかったらごめんなさい」

といった、自信なさそうな文章も女性ウケはしませんよ。

②「使い方が分からない」発言

「システムも使い方も分かりませんが、よろしくお願いします」

マッチングアプリにありがちな文章ですが、正直「だからなに?」と思われてしまいます。

さらに、

「メッセージの返信が遅そう」
「万が一トラブルがあってもわからなかったと言い逃れするつもりなのかな」

という悪い受け取られ方をしてしまう可能性もあるでしょう。もし新規会員であることをアピールしたいのであれば、「始めたばかりですがたくさんギャラ飲みを開催したいので、よろしくお願いします」程度のニュアンスにしましょう。

③ウケ狙いの発言

面白さを求めてウケ狙いの文章を書くこともおすすめしません。30~40代であれば寒いおやじギャグです。

文中に「笑」や「w」を使うのも控えたほうが良いでしょう。「どこが面白いの?」となるだけならまだしも、「不誠実そう」と思われてしまうとマッチングする可能性は下がってしまいますよ。

まとめ

  • プロフィール画像は顔写真登録が必須
  • 詳細項目は全て埋める
  • 自己紹介文は自分の言葉で丁寧に書こう

魅力的なプロフィールにしてマッチング率をアップさせたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました