ギャラ飲みで”お触り”はOK?bubbleの許容範囲を利用規約に基づいて解説!

お触り bubbleのトリセツ

bubbleは風俗店のようにお触りを売りにしたサービスではありません。とはいえ、お酒を飲んで可愛い女の子と一緒に盛り上がっていると、ついムラッとしたこともあるでしょう。

本記事では、ギャラ飲みのbubbleでどこまでお触りできるのかという疑問について解説します。女性に怖がられて迷惑客にならないためにも、ギャラ飲みのルールをしっかり確認しておいてくださいね。

bubbleでお触りはできる?

お触り行為禁止

結論からお話しすると、bubbleでお触り行為は禁止されています。bubbleは飲み会におけるコミュニケーションを催促するサービスであり、性的サービスを提供するものではありません。

利用規約に違反する行為を行うと、bubbleを利用できなくなる可能性も。基本的に女性には触れないようにしましょう。とくに、胸や太ももなどのセクシャルな部分に触れると、女性から訴えられることもあります。

「近距離で飲み会を盛り上げてくれる女性」
「お酒でほろ酔い気分になる」

などの環境により、ベタベタしたくなる気持ちも分かりますが大人の男性として理性を保ちつつ楽しんでくださいね。

どうしてもお触りしたい場合はプライベートに誘う

bubbleのキャストにお触りすることは、利用規約で禁止されています。しかし、合意の元でのお触りであれば罪に問われることはありません。

どうしてもbubbleのキャストにお触りしたいのであれば、女性をプライベートに誘うことがおすすめです。

bubbleで同じキャストを何度も指名したり、高額なギャラを支払ったりすると、親密な仲に発展してプライベートでも遊べるでしょう。

ギャラが欲しい女性に対して、信頼関係を築きながら、金銭面でのメリットを与えることが大切です。

bubbleの女性から好かれる素敵な良客とは

良客

女性に好かれるための近道は、良客になることです。飲み会を開催するのであれば、お互いに楽しい時間を過ごしたいですよね。bubbleの女性から好かれると、お触りできるどころか、お持ち帰りもできるでしょう。

女性に好かれる良客の特徴は、

  • ギャラ飲みのシステムを理解している
  • 相手を喜ばせられる
  • しつこく追いかけない

の3つです。以下では、良客の特徴を詳しく解説します。

ギャラ飲みのシステムを理解している

ギャラ飲みのキャストに好かれる条件の1つは、ギャラ飲みシステムへの理解です。ギャラを支払ったからといって、女性に何をしても良いという訳ではありません。ギャラはあくまで、楽しい時間を過ごした対価です。お酒の強要や女性が嫌がる行為はやめましょう。

また、ギャラの設定は女性個人やサービスのグレードによって異なります。「他の人はもっと安かった」「他のギャラ飲みでは○○をしてくれた」などのように、愚痴を言うことは控えてください。良客になるために、最低限のルールとしてbubbleの『利用規約』を読んでおきましょう。

相手を喜ばせられる

bubbleの女性から好かれるためには、相手を喜ばせることも大切です。キャストが喜びを感じると「この人にはもっと、楽しんでもらいたい」と思われるでしょう。お互いにメリットを感じられるギャラ飲みは、より充実した時間を過ごせます。

一緒にいったお店で、ケーキや花束を出してサプライズするのもおすすめです。また、ブランド品や女の子が欲しがっている物をプレゼントしても喜ばれるでしょう。とはいえ、お金に物をいわせるようなプレゼントは、ただのパパ活になってしまいます。特別な日でも良いので、サプライズをして喜ばせてくださいね。

しつこく追いかけない

アプローチする際に、しつこく追いかける男性は嫌われます。必要以上に追いかけることは、自分の意見を押しつけようとする人と勘違いされるでしょう。自分勝手な人とは付き合いたいと思いませんし、相手にしたくないですよね。

ギャラ飲みでも、恋愛においても、男性として意識すべきことは変わりません。会話での言葉遣い、人に対する接し方などにおいて、女性はスマートな男性に好かれるものです。心にゆとりを持ってギャラ飲みを楽しみましょう。

まとめ

今回はギャラ飲みのルールについて解説しました。bubbleは飲み会を楽しむサービスです。女性にお触りすると、訴えられる場合もあるので気をつけましょう。女性と親しい仲になりたい男性は、ルールを守ってギャラ飲みを行ってくださいね。

あわせて読みたい記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました