ギャラ飲みサービス『bubble』のメリット・デメリットを公開!

メリットとデメリットの文字 bubbleのトリセツ

世の中にギャラ飲みが浸透したのは、メディアで取り上られたり、誰でも利用できるギャラ飲みアプリがリリースされたりしたことが理由として考えられるでしょう。

『ギャラ飲み』は東京の芸能界で売れないアイドルや歌手が、業界人と繋がりを持つことをきっかけに始まったものですが、現在は大阪などの各都市にまで広まっています。bubbleもギャラ飲みサービスの一つです。

bubbleは格安のギャラ飲みですが、ほかにも特徴があります。今回は、ギャラ飲み専用アプリ『bubble』についてのメリットとデメリットを公開です!

【男性】メリット

メリットのカードとボールペン

①料金設定が安い

『bubble』は他のギャラ飲みアプリと比べて料金が安く設定されているので、男性が利用しやすいという点が魅力のひとつです。「ギャラ飲みを使ってみたいけれど、利用料金が高いと冒険できない……」というギャラ飲み初心者男性でも利用しやすいでしょう。

②提携している飲食店が50店舗以上

ギャラ飲み初心者男性の方は、ネットで調べてみても実際にはどんな場所が良いのか悩みますよね。

そんな方に朗報です!『bubble』では提携している飲食店が80店舗以上あるため、その中から利用目的にぴったりのお店を選ぶだけOK。運営事務局が厳選しているお店のため、失敗する心配もありません。

提携店は随時更新されているため、お気に入りのお店がきっと見つかるはずですよ。提携店舗詳細は、bubbleの公式サイト「提携店舗一覧」から確認できます。

☆お店選びに迷っている男性におすすめの記事はこちら☆

③デートや合コンのような雰囲気を楽しめる!

ギャラ飲みは高いお金を払ってキャバ嬢のようなプロの女性を呼ぶイメージでしょう。しかし『bubble』では新定番の『ゴチ飲み』をテーマにサービス展開しているため、接客経験のない女性と出会えます。そのため、比較的安価で食事や飲み会をすることが可能です。

【男性】デメリット

男性のデメリット

①関西中心のサービス

現在、すぐに出会えるオフラインの『ゴチ飲み』は大阪市内がメインです。そのため、提携している飲食店も大阪のみ。「関西以外に住んでいる」「出張が多いため全国各地で利用したい」という方には不向きのサービスでしょう。

しかし、ほかのギャラ飲みアプリにはない”ビデオチャット機能”があり、オンラインでの飲み会は全国で対応しているため「コロナ禍で直接会うのはちょっと……」という方にもおすすめです。

②口コミや評判が少ない

『bubble』は2020年7月からサービスが開始されました。利用した方の口コミや評判が少ないため、ほかのギャラ飲み専用アプリやサイトとも比較しにくいのがデメリットです。

まだ新しいサービスですが、現状の評判を知りたい方はこちらの記事もクリック♪

【女性】メリット

ハートとメリットの文字

①顔で選べないので誰でも呼ばれる

ギャラ飲み専用アプリやサイトに登録しても「ギャラ飲みに呼ばれない」ことがあります。

しかし『bubble』では、指名なしのランダムマッチングのプランが用意されているため「1度も声がかからなかった……」ということが、ほかのギャラ飲み専用アプリやサイトより可能性がかなり低くなります。

最初からギャラ飲みに呼ばれる機会が平等にあるのが『bubble』というわけです。

②ライバルが少ない

ほかの大手ギャラ飲み専用アプリやサイトでは登録している女性が多く、「1度も声がかからない……」ということも多くなっています。

しかし『bubble』はサービスが開始されてからまだ間もないため、ライバルの女性が少ない傾向です。そのため、登録したその日からギャラ飲みができるチャンスがあります。

③社会的地位の高い男性と知り合いになれる

『bubble』に登録している男性は、おもに経営者や企業の役員、芸能界の方々や、医者、士業、投資家などが90%を占めています。

年齢は30代〜40代が多く、金銭的な余裕があり社会的地位の高い方などが中心です。普通に生活するうえでは出会うことのないエグゼクティブ層の飲み会に参加できますよ。

【女性】デメリット

ハートとデメリットの文字

①地方のキャストは参加しにくい

ギャラ飲みは都内や市内を中心に飲み会が開催されています。bubbleに限らず、地方に住んでいる方は交通の便などを考えると、参加しづらいことでしょう。bubbleは大阪市内の梅田や難波のお店で飲み会が開かれるので、市内近くに住んでいる女性ばかりが登録しています。

②リピーターがいないと稼げない

『bubble』では、指名なしのランダムマッチングのプランが用意されているため、誰でもギャラ飲みをする機会はあります。しかし、そこで気に入ってもらえなければ次のチャンスを失ってしまいます。『bubble』でしっかり稼ぎたいキャストさんは、リピーターの獲得も必須です。

まとめ

  • 関西でカジュアルなギャラ飲みならbubble
  • オンラインでのギャラ飲みが可能
  • サービス開始から間もないので口コミや評価が少ない

今回は、ギャラ飲みサービスbubbleのメリット・デメリットを男女別で紹介しました。これからギャラ飲みに参加しようと考えている方は参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました