bubbleに登録している男性の特徴は?参加前に知りたいこと!

ギャラ飲みbubbleに登録している男性 bubbleのトリセツ

『ギャラ飲み』という言葉を聞いたことはあるけど、どんなサービスなのか詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?

話題沸騰中のギャラ飲み業界に、2020年10月に本格的にリリースされた注目のギャラ飲みサービス『bubble』が参入。今までギャラ飲みは主に関東で開催されていましたが、『bubble』は大阪市内を中心に利用できるギャラ飲みアプリです。

今回は、ギャラ飲み専用アプリ『bubble』に登録している男性の特徴をご紹介します。

収入やライフスタイル環境に余裕がある男性が多い

若い経営者

『bubble』に登録している男性は、経営者や企業の役員、芸能界の方々や、医者、士業、投資家などが全体の90%を占めています。金銭的な余裕があり社会的地位がある男性がほとんどなので、普段は出会うことのない人々と出会うことができ、なかなか聞くことができないような話も聞けます。

ギャラ飲みを開催するには、女性の報酬だけでなく飲食代もすべて負担しなくてはいけません。そのため、お金に余裕がある男性でなければギャラ飲みを開催することは困難です。

『bubble』は運営事務局がしっかりと審査をしたエグゼクティブな男性しか参加できないため、安心して利用できますよ。

メインは30代〜40代の男性

ギャラ飲みを開催する男性は、20代〜60代まで幅広いです。その中でも年齢層は40代〜30代の男性がメインです。次いで50代が多く、20代と60代は少ない傾向にあります。経済力がありライフスタイルに余裕がある年齢層の男性がメインユーザーです。

大阪で『bubble』を利用する男性の理由って?

なぜ?の吹き出し

ギャラ飲みは高いお金を払ってキャバ嬢のようなプロの女性を呼ぶイメージでしょう。しかし、『bubble』ではすぐ会えるオフラインをテーマにサービスを展開しているため、いわゆる”普通の女の子”と出会えます。

『bubble』に登録している女性は、昼間は学校や会社に通い、夜はギャラ飲みに参加する、という方が多い傾向です。素人の女性とのギャラ飲みは、合コンやデートのような雰囲気を楽しめることから、「キャバクラに飽きてしまった」「プロの接客が苦手」という男性にはもってこいというわけです。

☆こちらの記事もチェック☆

「ギャラ飲みを接待として利用したい」「素人の女性はちょっと……」という男性も中にはいることでしょう。bubbleでは、モデルやアイドルの卵であるという女性も、ごく少数ですが登録しています。

また『bubble』には他のギャラ飲みアプリにはない”ビデオチャット機能”があります。

「コロナが気になるから、直接会う飲み会を開催するのはちょっと……」という男性の利用も増加。オンラインでの飲み会は全国で対応しているため、現在は関西がメインの『bubble』が全国に波及する日もそう遠くはないでしょう。

ほかにも、直接現金のやり取りをしなくてもよい決済システムや、運営が24時間365日しっかりサポートしてくれていることも、『bubble』が男性から人気を集めている理由のひとつです。

まとめ

  • 富裕層や経営者など、収入やライフスタイルに余裕がある男性が登録
  • 30代~40代の男性が中心
  • 合コンやデートのような雰囲気を楽しみたい男性が利用中

bubbleというギャラ飲みサービスは、大阪の夜遊びを盛り上げつつあります。コロナ禍でも安心して女の子と飲めるので、気になるエグゼクティブ層の男性は思い切って登録してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました