bubbleは接待に使える!おすすめの理由3つを紹介

bubble攻略法

大阪を中心に利用できるギャラ飲みサービス『bubble』では、新定番の『ゴチ飲み』をテーマにサービスを展開しています。

『ゴチ飲み』とは「飲みたい人」や「出会いたい人」をマッチングするサービスで、『ギャラ飲み』をもっとカジュアルに、より身近に、普段出会うことができない人と出会えるサービスとしてリリースされました。

しかし、中には「接待でギャラ飲みを利用したいから、カジュアルすぎるのはちょっと……」という男性もいらっしゃると思います。

今回は、接待でギャラ飲みを利用したいとお考えの方向けに『bubble』の紹介をします。

『bubble』が接待にも使える理由

上司にお酒を注ぐ手

『ギャラ飲み』をよりカジュアルに楽しむ、新定番の『ゴチ飲み』をテーマにサービスを展開している『bubble』。

そのため接待で利用するには不向きなのでは、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし『bubble』は仮にもギャラ飲み専用アプリのひとつです。そのため、接待に利用するのにもピッタリのサービスなのです!

ここでは、その理由を3つご紹介します。

①呼びたい女性を無料でじっくり選べる

『bubble』は無料で女性のプロフィールを見ることが可能です。失敗したくない接待でも、何人もの女性のプロフィールを比較してじっくりと選べます。

また、メッセージのやりとりも無料で行えます。どんな接待か、どのような振る舞ってもらいたいかなど、事前に細かく打ち合わせすることができます。

ほかのギャラ飲み専用アプリやサイトでは、会員登録をしたりメッセージをするのに料金が発生するものがほとんどです。呼びたい女性をしっかりと選ばなくてはならないシーンでは、初期費用がかからないのは嬉しいポイントですよね。 

②最短30分で女性と合流が可能

接待の2次会で「女性と飲みたい!」なんて突然の要望があることもありますよね。しかし、キャバクラやガールズバーを利用するのはちょっと……というときに便利なのが『bubble』なのです。

『bubble』は提携している飲食店を利用すると、女性とスムーズに合流できます。提携店は80店舗以上あるため、その中から接待に利用したいお店を選ぶだけでOK。運営事務局が厳選しているお店のため、失敗する心配もありません。

お店を選ぶ時間も女性を待つ時間も短縮できるため、『bubble』を利用すると一石二鳥になりますよ。

③領収書が発行できる

今までのギャラ飲みでは、利用した飲食店の領収書しか発行できず、女性を呼んで支払った報酬は経費で落とせなかった……

なんて方はいらっしゃいませんか?

ギャラ飲みの相場は1時間あたり5000円とそこそこの費用がかかるため、領収書が発行されないということでかなり高額の出費になっていたのではないのでしょうか。

しかし『bubble』では、スマホから領収書の発行が可能です!また、その場で女性と現金のやりとりをしなくてもよいシステムであるため、スマートにギャラ飲みをすることができますよ。

まとめ

bubbleは確実に接待として使えます。いつもと違う接待で、新鮮さを味わってほしいと思った方はぜひ利用してみてください。

ギャラ飲みは、取引先や上司とも良い関係を築ける第一歩になることでしょう。

あわせて読みたい記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました