ギャラ飲み女子にタクシー代は必要?渡す場合に良い金額を発表【良客】

タクシー代 bubble攻略法

終電終わりに開催されることもあるギャラ飲み。とくにギャラ飲みを始めたばかりの男性は、別れ際にタクシー代を渡すべきか戸惑ってしまいますよね。

タクシー代は女性にとって好ポイントとなります。ですが、絶対に渡す必要はありません。

今回に記事では、ギャラ飲みbubbleでタクシー代は渡すべきかという疑問について解説します。ギャラ飲みのタクシー代事情を理解して、よりスマートに女性を見送りましょう。

bubbleでタクシー代は必要?

夜間のタクシー

冒頭でも解説しましたが、bubbleにおいてタクシー代は必要ではありません。

bubbleでギャラ飲みを開催する際に必要なお金は、女性へのギャラと飲食代です。女性にタクシー代を払わなかったからといって、ギャラ飲みが利用できなくなったり、後から高額な請求が来たりするようなこともないので安心してください。

しかし以下のような場合においては、タクシー代を渡すことがおすすめです。

  • 女の子が学生のとき
  • 高いヒールを履いているとき
  • 女の子が酔い潰れてしまったとき
  • 終電がなくなったとき
  • ギャラ飲みが楽しかったとき

ギャラ飲みを24時以降に開催することもあります。とくに、20時~26時がフレックスタイムです。酔ったまま夜道を歩くことは、女性にとって危険を伴いますよね。無事に家までたどり着いて欲しいという気持ちを込めて、タクシー代を渡してあげてください。

また、今日の飲み会への謝礼として、タクシー代をチップとして渡すと、女性に紳士的な男性と認識されるでしょう。少しの心遣いで女性は嬉しいと感じますよ。

タクシー代はいくらが妥当?

女性から気前の良い男性だと思われるタクシー代の金額は10,000円前後です。しかし、タクシー代は女性の自宅までの距離や時間帯によっても異なるので、タクシー代の金額に基準はありません。

近場であれば数千円程度でも十分でしょう。ギャラ飲みに参加している女性のなかには、気前良く10,000円を払って欲しいと考える人もいます。女性に対してタクシー代をどれくらい渡したいかは、個人の判断です。

今後も関わっていきたい女性には、10,000円。ケチだと思われても大丈夫な女性には数千円と状況に応じて、金額を変えても良いでしょう。

タクシーで女性をスマートに見送る方法

タクシーで女性をスマートに見送る方法は、ギャラ飲み終了前にタクシーを呼ぶことです。ギャラ飲みが終わってからタクシーを呼ぶと、すぐに配車できないこともあります。また、路上でタクシーを捕まえようとしても、タクシーが来ない場合も。

酔い具合と楽しい雰囲気が冷めないように、事前にタクシーを手配しておきましょう。お店の店員さんに伝えれば、タクシーを呼んでもらえますが、専用のアプリもあります。

おすすめの配車アプリは、「JapanTaxi(ジャパンタクシー)」です。アプリの位置情報をオンにして、アプリ内のマップで現在地を示すと、すぐにタクシーを手配できます。

到着時間もカウントされるので、時間を見ながら会計を済ませられるでしょう。そして、タクシーが到着してからは、姿が見えなくなるまで見送ります。

解散したあとは、アプリ内のメッセージやLINEなどで「今日はありがとう」「楽しかったからまた呼ぶね!」などと、感謝の気持ちを伝えてください。誠意が伝わるようなエスコートは、女性の満足度を高められますよ。

まとめ

今回はbubbleのタクシー代事情についてご紹介しました。bubbleでタクシー代は必要ありません。しかし、渡せば女性への好感度が上げられるというメリットがあります。ギャラ飲みの満足度や個人の判断で、タクシー代の有無を決めましょう。

あわせて読みたい記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました