ギャラ飲みアプリ『bubble』は危険じゃない?安心の理由を調査

ギャラ飲みアプリbubbleを登録する男性の手 ギャラ飲み入門編

今すぐ会いたい人同士を繋げる、ギャラ飲みマッチングアプリ「bubble(バブル)」は大阪で話題になっています。週末の大阪の街を走る「bubbleゴチ飲みトラック」を見かけた方も多いはずです!

bubbleをまだはじめていない方は、気になるけど不安な気持ちがあると思います。

そこで、bubbleは危険なことがないのか?調べてみました。これからはじめてみようと思っていた方は、この記事を読んで参考にして頂ければ幸いです。

bubbleは本当に危険じゃない?

bubbleが安全かを考える女性

結論からいうと、bubbleは安全です。

確かに一般的には、面識がない方と一緒にお酒を飲むことに不安を感じるものです。とくに女性は酔っ払っている男性に絡まれた!という経験があれば尚更でしょう。

では、なぜbubbleが危険ではないのか?その理由を詳しく紹介していきます。

本人確認書類が必要

bubbleを利用するためには、男女共に身分証明書の提示が必須です。そのため、身元が確認できないと利用できません。本人確認のないギャラ飲みアプリであれば、危険が伴います。その点bubbleは、運営元がしっかりと個々を管理しているので安心できることでしょう。

審査を通過した方が登録可能

男性側は審査制になっていて通過した方のみ利用者登録の流れに入ります。反対に、女性側は面談をして問題なければキャスト登録をするのでキレイな方も多く、男性は安心してオファーできますよ。

評価の悪い方は強制退会

bubbleは飲み会終了後に相手の評価をします。クレームがあったり、評価があまりにも悪かったりすると、強制退会になりますので利用不可に。リリース日から現在までに目立ったトラブルはなく、登録されている方は、マナーを守って参加していますよ。

直接の現金やり取りはなし

パパ活などでもそうですが、直接の金銭受け渡しには双方とも不安なところがありますよね。bubbleで男性側は、クレジットカードを登録します。女性の報酬は登録したカードから支払うため、飲み会のときに直接お金を渡さなくても大丈夫です。

受け取り側の女性には、運営会社から報酬を支払う仕組みとなっているので、お金が貰えなかった……。ということもありませんよ。

開催場所の徹底

安全にギャラ飲みをするためにも、危険な場所や危険なエリアでの飲み会はできないようになっているので安心して参加できます。

基本的な開催場所は大阪市内の飲み屋街。難波や心斎橋、梅田などです。提携店舗もありますので、参考にしてください。

常に万全なサポート体制

bubbleの運営サポートは24時間365日いつでも相談できるシステムです。万が一トラブルや困ったことがあってもすぐに連絡ができます。とても丁寧に対応してくれるので相談しづらいこともありません。

より安全に利用するためには

ギャラ飲みで乾杯している男女

bubbleは様々なサポートがありますが、より安全に利用するためには個人でも意識することが大切です。男女の出会いの場でもあるので、自然な流れでお互い恋に発展することもあるでしょう。

しかし、肉体関係を求められるなど無理だと思ったことは丁寧にお断りしましょう。女性側は報酬を頂いているので、男性にハッキリ断れない方も多いでしょうが、気にせず伝えても大丈夫です。逆にしっかりした女性だと思われるので、意外と好印象になりますよ。

また、女性の場合ギャラ飲みで稼いでいることを、会社にバレたくない方はプロフィールに自分と分かる情報は伏せておきましょう。

男性の中には会社の取引先の方が参加しているかもしれません。参加する前にキャラ設定することをおすすめします。

酔った勢いで、うっかり自分の情報を話してしまうと周囲の人にも聞こえるうえに、どこかで伝わり会社にバレてしまう恐れもあります。気をつけて忘れないようにしましょう。

まとめ

最近はギャラ飲みが流行していますが、危険な話を聞くのも実際のところあります。

ギャラが出ると聞いていたのに当日支払われなかったり、ホテルに呼び出されたりと危険なトラブルになるのは、運営会社を通していない個人でのやり取りだからです。

そのような危険を避けるためにもbubbleに登録して安全で安心な飲み会に参加しましょう。運営サポートがしっかり対応してくれるので、女性はとくに安心して利用できます。心強い味方がいると思って、bubbleのギャラ飲みを楽しんでください。

あわせて読みたい記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました