【保存版】ギャラ飲みの確定申告についてキャストが知りたいこと

確定申告のポイントを伝える女性 はじめてのギャラ飲み女子

ギャラ飲みは効率よく楽しく稼げるので、参加する若い女性が増えています。

しかし、ギャラ飲みで稼いだお金に、税金はいくらかかるのか、確定申告した方が良いのか、疑問に思う方も多いことでしょう。

実際、ギャラ飲みは新しい稼ぎ方のため、税務署に目をつけられている可能性もあります。脱税となった場合は罰則の対象に。今回は、そうならないために確定申告について一緒に学びましょう。

ギャラ飲みの確定申告について

確定申告について説明する女性社員

ギャラ飲みの所得が、年間20万円以上の場合は確定申告が必要です。

一方、ギャラ飲みの所得が年間20万以下の場合は確定申告は不要となります。所得とは、ギャラ飲みで得た報酬から必要経費を引いた金額です。

【例】毎月ギャラ飲みで3万円稼いでいて、年間36万円の収入でした。交通費やメイク代など雑費17万円が必要経費と認められた場合。

36万円(所得)-17万円(経費)=19万円

このとき所得は20万円以下ですので、確定申告は不要。

ギャラ飲みで経費と認められる可能性が高いのは以下の出費です。

  • 交通費
  • ヘアメイク代
  • 衣装代

経費を申告する際に必要な領収書やレシートなどは、捨てずに普段から保管しておきましょう。

ギャラ飲みで贈与税が発生した場合

男性から高価なプレゼントや現金を手渡しでもらった金額が年間110万円以上の場合、贈与税がかかります。一方、贈与が110万円以下の場合、贈与税はかかりません。

贈与税とは、個人から財産をもらったときにかかる税金のことです。財産を受け取った人は贈与税を支払う義務が発生するので、こちらも確定申告が必要になります。

【例】1年間ギャラ飲みでプレゼント100万円と現金を手渡しで100万円もらいました。合計額が200万円の贈与額になります。

200万円(合計)-110万円(控除)=90万円

基礎控除が110万円なので、贈与額から基礎控除を引いた90万円が贈与税の対象です。また、贈与税の税率は金額によって異なります。

ギャラ飲みで確定申告しなかったらどうなる?

ボールペンで書かれたはてなマーク

確定申告はめんどくさいしどうせバレない、と思い確定申告をしなかった場合は「無申告」となり、次のような3つの罰則があります。

  • 納めていなかった分の税金を微収される
  • 無申告加算税や延滞税も追加される
  • 刑事罰によって罰金または懲役が課せられる可能性もある

ギャラ飲みの報酬は振り込みで貰うことが多いので、銀行口座のお金のやり取りは税務署に筒抜けになっています。

罰則を受けないためにも、しっかり確定申告を忘れずに行いましょう。

確定申告の時期

手帳のカレンダー

確定申告の時期は、翌年の2月16日から3月15日の間に1年間の所得税額を計算して、最寄りの税務署に申告します。パソコンから国税庁の「個人の確定申告書等の作成」を開き、簡単に確定申告の作成ができます。

表示された項目に必要な情報を入力すれば、自動的に書類が出来上がり、それを印刷して税務署に郵送または直接提出するだけです。

また、国税庁が運営する「e-Tax(イータックス)」を通して提出もできます。

こちらは、「マイナンバーカード」と「ICカードリーダー」が必要になるので事前に準備をしておきましょう。

まとめ

ギャラ飲みは楽しく大金を稼げる反面、メディアでもその様子が取り上げられているので税務署の目は光っているといえます。

バレないと思っても税務署はお見通し。そのため、しっかり確定申告をして納税する必要があるので、期限の間に書類を提出しましょう。確定申告の書類作成は、パソコンやスマホからでも簡単に出来るので難しく考えなくても大丈夫です。

ギャラ飲みで今後もたくさん稼いで、国民の義務である納税もしっかり行っていきましょう。

あわせて読みたい記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました